なぜベンチャー企業で働いていたらコミュニケーション不足になるのか

ベンチャー企業で働くことの悪い点

ベンチャー企業というのは、私が考えるに大きく2種類あって、1つは成功することが約束された目指された線路に沿って突き進む、経験者などが始める企業と、2つめは学生気分のその場限りの運営をするドッカン企業です。
うまくいけばドッカンと爆発のようにうまくいきますが、ほとんどがうまくいきません。学生のようなサークル的な雰囲気で、ビジネスマナーがあまり無いけども、若さと行動力で突き進みます。

ベンチャー企業は9割が3年以内につぶれて廃業になります。私が働いていたところももちろんそのつぶれた中のひとつで、和気藹々とした平均年齢も20代前半という会社でした。ホームページ制作が波に乗りそうだったときで結構な受注数がありましたが、その場限りで私も若く、数年先のことなんてまったく考えていなかった状態でした。

なぜベンチャー企業で働いていたらコミュニケーション不足になるのか

大抵の会社では頑固な上司や、性格が変な社員がいてもまれて自分の仕事のスタイルや人間関係が構築されていくのですが、ベンチャーではみんな仲がいいので、人間関係にもまれることもあまりなく、新人の研修のマニュアルなどもないのでみんな好きなように時間を使って仕事をするのです。おかげでストレスもあまりかかりません。
(ストレスはデザインセンスやデザインの質の低下などの妨げになる)

私はそこで大学在籍中から働き、同じ業界のベンチャーに転職しましたが3年間も育ってしまったのでいざ企業の社会に置かれるとぜんぜんコミュニケーション能力がないわけです。気が合わない人や頑固な人を見ると、”うざいな〜”とか面倒だから話さないようにしようと思うわけです。
仕事の仕方も自分勝手にしていたので、その仕事に精通する上司と話す機会も少なくなってしまい、仕事の順番も重要度の判別もできない。

私自身、こういう事情もあって企業で、病院という組織で働いて自分を鍛えなおそうという意識で転職したわけです。だから上記の内容はすべて改善に向けて行動している最中です。


医療事務の求人もあるよ!

医事課の即戦力の近道の通信講座です

突然試験を受けてとるのはなかなか難しいものです。 きっちりサポートしてくれて、充実した資料で勉強できる通信教育は便利です。
アビバの医療事務講座

医療事務の資格の勉強をするという事は直接仕事のスキルアップに結びつきます
病院の資格は、病院の仕事と直結しているので、資格をとる勉強をすれば仕事も出来る人になれます。 もっと正しい請求がしたい先生と話すときに基礎知識を蓄えたいと言う方にも資格取得はおすすめです。

医療事務向けの本の紹介ページが出来ました

カルテから医療行為や材料を読み取り点数に置き換えていくときわからない医療用語や、術がたくさんあると思います。点数を取り漏れないためにも、本でいつでも調べられる環境が重要です。医療事務の勉強本のページはこちらから

>次電子カルテの操作方法を覚えるのへ