電子カルテの操作方法を覚える

電子カルテの操作方法を覚える

電子カルテの操作方法は各病院によってソフトによってさまざまです。
代表的にどのような操作と情報が医事課の事務仕事にとって必要かをわかる範囲で書こうと思います。

私がいる総合病院では、半年間から1年間は電話番や受付で業務を覚えます。
いろいろな電話対応をすることで病院にどんなところがありどういうところを知っておかねばならないのかなどを勉強します。
カルテ運びをすることで、外来の看護師さんなどとも顔見知りになります、病院の中心は医事課なのでそういったコミュニケーションをとる必要があるんですね。私はコミュニケーションが得意ではないので苦手です。
(前職はベンチャー企業で働いていた事が長いので社内営業が苦手なんです。)
なぜベンチャー企業で働いていたらコミュ不足になるのかを面倒ですが書きました。読まなくてもいい内容なので興味の無い方は飛ばしてください。>こちら

基本的な電子カルテの操作で必要な操作

患者情報画面では、患者の名前や住所、保険者情報などを入力します。
最終来院日や通院状況、入院状況などを確認します。
スキャナー取り込み画面があるのでそこで紹介状や保険会社からの資料など文書の確認できます。大抵の電子カルテは患者の導線表示されるようになっています。
本日中の受付した患者のみ表示させる、カルテ記載が終わって会計をする患者のみ表示させるなど。

医療事務は電話対応などで必要な電子カルテの操作方法

●患者さんはもう会計おわっていますか?
>カルテ記載が終わって入金されていないかチェックすることでわかります。
  入金されていたらもちろん患者さんは帰っています。(そのまま帰った場合)

●入院している患者ですが詰め所に電話をまわしてください。
>患者さんの名前と生年月日などで病棟と部屋番号をしらべる

●未払いがあるので払いたい
>会計ソフトで患者さんを特定し未収状況を確認。

●この検査、この血液検査はだいたいいくらぐらいになりますか?
>計算ソフトで実際に計算してみる。(保険によって負担も変わります)

あとは文書(診断書や紹介状、意見書などなど、事故の診断書・明細書の依頼などなど)覚えることはたくさんあります。
20代後半で医療事務をはじめると、周りが若い人ばっかりなのですごく負い目があります。 未経験で入るのは大体20歳〜24歳(医療系の大卒や専門学校卒)です。 20代後半でまったくの未経験は難しいですね。でも採用されれば後は自分の努力次第なので何とかなると思います。


医療事務の求人もあるよ!

医事課の即戦力の近道の通信講座です

突然試験を受けてとるのはなかなか難しいものです。 きっちりサポートしてくれて、充実した資料で勉強できる通信教育は便利です。
アビバの医療事務講座

医療事務の資格の勉強をするという事は直接仕事のスキルアップに結びつきます
病院の資格は、病院の仕事と直結しているので、資格をとる勉強をすれば仕事も出来る人になれます。 もっと正しい請求がしたい先生と話すときに基礎知識を蓄えたいと言う方にも資格取得はおすすめです。

医療事務向けの本の紹介ページが出来ました

カルテから医療行為や材料を読み取り点数に置き換えていくときわからない医療用語や、術がたくさんあると思います。点数を取り漏れないためにも、本でいつでも調べられる環境が重要です。医療事務の勉強本のページはこちらから

>次病院の夜勤、当直で体がかゆいのへ