医療事務に資格がある理由

医療事務に資格がある理由

病院と言うのは様々な業種の人が大勢働いています。大勢働かなければ運営できない組織なのです。病院は国の組織の一部のようになっています。

病院には施設基準と言うのがあって、それを満たすと管理料ということで、医療報酬に金額を追加することが出来る点数があります。
医療補助加算や安全管理加算などです。
それは、その資格を持った人を雇いなさいという、いわば病院はその管理料を取ることで、また何人か人を雇用することが出来るという仕組みになっているのです。

病院は、患者を支えていてるだけではなく、低賃金なのはしょうがないことだけど、職員の生活も支えているのです。
それはやっぱり国の診療報酬を受けることが出来るからです。
最近は医師の負担軽減のためのドクターブクラークや、メディカルクラークなどの試験も人気があります。新しくできた医療事務の資格は将来的に施設基準に盛り込まれる可能性があるので、取っておいた方が有利と言うわけです。

医療事務の資格を何点かご紹介します。


医療事務の求人もあるよ!

医事課の即戦力の近道の通信講座です

突然試験を受けてとるのはなかなか難しいものです。 きっちりサポートしてくれて、充実した資料で勉強できる通信教育は便利です。
アビバの医療事務講座

医療事務の資格の勉強をするという事は直接仕事のスキルアップに結びつきます
病院の資格は、病院の仕事と直結しているので、資格をとる勉強をすれば仕事も出来る人になれます。 もっと正しい請求がしたい先生と話すときに基礎知識を蓄えたいと言う方にも資格取得はおすすめです。

医療事務向けの本の紹介ページが出来ました

カルテから医療行為や材料を読み取り点数に置き換えていくときわからない医療用語や、術がたくさんあると思います。点数を取り漏れないためにも、本でいつでも調べられる環境が重要です。医療事務の勉強本のページはこちらから

>次診療情報管理士のへ