医療事務は底辺の仕事です、理由は誰でもできるから

医療事務は底辺の仕事です

医療事務は底辺の仕事です。資格も必要なしです。
病院は国家資格を持っている人が優遇されるのはいうまでもないです。
医者は難関な医学部にセンター入試で入り、医学部を出て国家試験に受かり、研修を得て、年収1000万円以上の医者になります。
看護師もなるまでに相当な年数がかかりますし、他にも臨床工学技師や、無くてもできるけど、ソーシャルワーカーも社会福祉士などがあります。

努力した人が報われる社会が作られた例のようなものです

最後に医療事務、総務がついてきます。
総務、医療事務は病院には必要とはいえ誰でも出来る仕事です。
ですから、給与水準も資格を持っている人よりも低いというのもうなづけます。
国家資格がいらない仕事なんてようは誰でもできるのですから。

私は医療事務の仕事柄、医者や看護師と職場で雑談したりします。
医者と医療事務という職について話をしたとき、
医療事務なんて仕事は給料が安いのは当たり前。
イジメや職場の雰囲気が悪いのも当たり前。
勉強してこなかったお前がわるいんだと。
医者なんか引っ張りだこなので、嫌ならば給料のいい転職先は5万とある。

バカな方がお金がかかる。賢い人が優遇される社会は当然。

バカな方が学費が高くつく。
その医者は家が貧乏だったから国公立の医学部で奨学金ももらっていたから、
学費はバイトで払えたと。

ですが、私たちは生活のために医療事務という仕事を選ぶわけです。
底辺の仕事とはいえ、みんなやりたくないといいつつ、みんなやるわけです。
底辺の仕事がないと病院はなりたちません。
だからこそ、社会は私のようなバカな底辺層を作り続けます。

医療事務とはただの事務が自分という人間の魅力を売りにする仕事

人間との付き合いです。
私は医者にも人間同士の付き合いで対等に話せる方もいます。
私の上司なんかは医者に友人がたくさんいる。
本人は医療事務で年収450万ほどですが、友人は数千万。
もはや年収など関係なく、人間の魅力でしょう。

医療事務は、底辺なバカが、コミュニケーション、人間の魅力を存分に発揮できる職場だと言えます。
今の時代、年収400万円以下が人口の90%を占めますから、
年収300万円とはいえ、別に今の時代、普通に生きれば別に貧困で困ることはありません。
(結婚のとき、共働きしないといけないなど、配偶者に理解が必要ですが)

誰でも出来るからこそ、底辺のバカなりの人間の魅力を発揮すれば、
国家資格を持っている人と同じ土台で、対等に働き、医療人として事務をすることができるでしょう。
これが私の医療事務に関する考え方ですね。


医療事務の求人もあるよ!

医事課の即戦力の近道の通信講座です

突然試験を受けてとるのはなかなか難しいものです。 きっちりサポートしてくれて、充実した資料で勉強できる通信教育は便利です。
アビバの医療事務講座

医療事務の資格の勉強をするという事は直接仕事のスキルアップに結びつきます
病院の資格は、病院の仕事と直結しているので、資格をとる勉強をすれば仕事も出来る人になれます。 もっと正しい請求がしたい先生と話すときに基礎知識を蓄えたいと言う方にも資格取得はおすすめです。

医療事務向けの本の紹介ページが出来ました

カルテから医療行為や材料を読み取り点数に置き換えていくときわからない医療用語や、術がたくさんあると思います。点数を取り漏れないためにも、本でいつでも調べられる環境が重要です。医療事務の勉強本のページはこちらから

>次私が医療事務に転職した理由のへ