調剤報酬請求事務専門士検定の資格を取る

調剤報酬請求事務専門士検定の資格

主に調剤薬局の薬剤の基本的な知識で薬剤師をバックアップする医療事務の資格です。一番古い医療事務にかかわる資格です。

調剤薬局だけでなく、今では総合病院でも自分で薬局を持っています。ほとんどが資格なしでクラークとして働く人が殆どです。
ここまで知識がある必要はありませんが、病院に転職には非常に有利な資格と言えます。
病院は人集めに苦労しますので、人が足らないときは大抵未経験を選びます。基礎知識を教えなくてもいい資格取得者は優遇される可能性が高いです。

調剤報酬請求事務専門士の資格を持つ利点

調剤事務系の民間資格の中で、政府より公認されている唯一の協会ですので、取得していると、かなり転職の役に立ちます。
実際のところ、非常に難しいこの検定を転職で調剤薬局での事務のためにここまでする必要はないかもしれません。
ただ、調剤薬局での地位を確立するためには非常に重要な資格でしょう。ですから薬剤師の受験者も増加しています。

資格取得のための費用

会場受験 1級 5,800円、2級4,800円
FAX(在宅)受験 2級7,800円、3級6,800円

一級は薬剤の基礎知識(薬物の使用目的、用法、用量、薬理作用、副作用、 禁忌、相互作用等の薬物知識)、医薬品関連法規(調剤薬局における用語、理論、役割等)・医療保険制度、調剤関連法規(医療保険の種類、医薬分業の流れ)・調剤報酬請求(点数算定の正しい知識と解釈)
など非常に難解です。


医療事務の求人もあるよ!

医事課の即戦力の近道の通信講座です

突然試験を受けてとるのはなかなか難しいものです。 きっちりサポートしてくれて、充実した資料で勉強できる通信教育は便利です。
アビバの医療事務講座

医療事務の資格の勉強をするという事は直接仕事のスキルアップに結びつきます
病院の資格は、病院の仕事と直結しているので、資格をとる勉強をすれば仕事も出来る人になれます。 もっと正しい請求がしたい先生と話すときに基礎知識を蓄えたいと言う方にも資格取得はおすすめです。

医療事務向けの本の紹介ページが出来ました

カルテから医療行為や材料を読み取り点数に置き換えていくときわからない医療用語や、術がたくさんあると思います。点数を取り漏れないためにも、本でいつでも調べられる環境が重要です。医療事務の勉強本のページはこちらから

>次アルバイト契約社員から正社員のへ