クラークに転職したい

クラークに転職したい方向け、どんな仕事?

クラークとは最近出来た病院の事務職です。
今回は医療事務とクラークの違いをご説明します。

医事課や看護師と区別をつけるために、白ではないナース服を着ていることが多いです。クラークは言わば医事課職員と同じで病院の下っ端、いわゆる雑用をする仕事で、採用されるためには若ければいいだけという場合が殆どです。

クラークに転職をする方は、仕事がすごく簡単でつまらないということに覚悟しなければなりません。逆に、医師の文書などは勉強になるかもしれませんが、パートのような仕事ともいえます。
看護師や医師の負担軽減のために働くと言うことですから、正社員としてではなく、
大抵がパート勤務であることも特徴です。

1.外来クラークに転職

外来クラークとは言わば外来看護師の下の准看護師、その下の看護助士(看護師を目指す人)のその文書作成などの手伝いをする仕事です。
総合病院では看護師の嫌がる外来患者のブロック受付や病棟でのカルテの管理、総合病院になると大量に流れてくる保険会社などの文書作成の間を持つなどが主な仕事です。
患者と接する仕事です。毎日流れる外来の中で仕事します。クレーマーとかもたまにはいます。

やはり、看護師にこき使われると言う印象も強く、仕事内容が簡単なので
看護師を目指してしまうクラークもいるようです。

2.病棟クラークに転職

病院では、医師の負担軽減のために医師事務という仕事があります。
医師が診療に専念するために、医師の指示の元、文書作成の手伝いや、データ整理、カンファレンスの準備をする仕事です。

仕事柄、医者と仲良く慣れるかもしれません。医者の激務を助けてあげたいと言う人が力を発揮できる場所です。
患者とはあまり接しません

いろいろ欠点を書きましたが、クラークは未経験でもなれる仕事です。

一方、病院には医師事務作業補助体制加算という加算があり、患者の比率で何人の医師事務補助者が必要と決まっています。
ですから、未経験のクラークは看護師の手伝い、資格を持つクラークは医師事務に回すというのが大抵の流れでしょうか。
資格を持っているほうが、病棟クラークに配属される可能性は非常に高いです。

外来クラークのほうが仕事が簡単で雑用という気持が高くなる仕事のため、医師の作業補助をしたかったり、医師と仲良くなりたいのであれば、ドクターズクラークの資格は持っておいたほうがいいでしょう。

結局、クラークと医療事務の違いとは?

クラークという仕事は医事課と一緒にされがちですが、医事課と大きく違うところはクラークは病院の請求業務にかかわらないことです。

クラークは突発的に募集をかけることが多いので、求人のホームページよりかは、地元の新聞の広告からの方が転職しやすいと思います。


医療事務の求人もあるよ!

医事課の即戦力の近道の通信講座です

突然試験を受けてとるのはなかなか難しいものです。 きっちりサポートしてくれて、充実した資料で勉強できる通信教育は便利です。
アビバの医療事務講座

医療事務の資格の勉強をするという事は直接仕事のスキルアップに結びつきます
病院の資格は、病院の仕事と直結しているので、資格をとる勉強をすれば仕事も出来る人になれます。 もっと正しい請求がしたい先生と話すときに基礎知識を蓄えたいと言う方にも資格取得はおすすめです。

医療事務向けの本の紹介ページが出来ました

カルテから医療行為や材料を読み取り点数に置き換えていくときわからない医療用語や、術がたくさんあると思います。点数を取り漏れないためにも、本でいつでも調べられる環境が重要です。医療事務の勉強本のページはこちらから

>次電子カルテの操作方法を覚えるのへ