医療事務の男性は転職せず定年まで働こう

雑用、同じ仕事、人間関係のストレスに耐えろ

これは病院で働く事務系の男性全てに言いたいことです。
総務でも地域連携、MSWでも医療事務でも、男性は転職せず定年まで働きましょう。

能力のある人は転職先でも活躍できる例を何人か聞いたことがあります。
それは活躍できたから話に上がっただけで、その中で活躍できず貧乏生活に転落した人がいっぱいいます。
転落した人は話しに上がらないから、ないように思うだけで。
私も医療事務で転職してしまいましたが、えらい目をみました。

定年まで働く病院で年をとった事務員を目指そう

よく、大きい病院に言ったりすると、年をとった総務や医療事務や地域連携の人が必ずいます。
そういう、定年まで事務として働くという未来を想定して働いたほうが絶対に人生勝ち組です。
私のように、もっと活躍したいだとか、そういう思いで転職すると転落人生の始まりです。

大抵大きな組織というのは分業が進んでいて、私にもできるようになっています。
ですが、転職組を受け入れるような病院の事務って言うのは、業務があまりに幅広くて活躍することは100%不可能です。
毎日の仕事に追われるだけで、絶対に前職より忙しくなります。

100%転職すると以前のように働けなくなりますよ

私も前職では普通にしていた仕事が転職先ではできなくなりました。
前職ではレセプトチェックや送信、勤務医との患者獲得の相談や、病院統計の仕事をしていましたが、
転職後の仕事は、非常に効率の悪いチェック方法でのレセプトチェック、介護保険の意見書の作成や健診で、
病院日誌や病院統計の仕事はありません。
病院の患者数や売上も見せてもらえません。
一般社員が経営に加わることを禁じられた病院に転職してしまいました。

前職より今のほうが圧倒的にやりがいがありません。
でもなぜ前職でやりがいがないと勘違いしたのでしょうか?
それは8年〜9年同じ組織同じ病院で働いていてうぬぼれがあったからでしょう

転職すると退職金がなくなります

転職すると退職金もなくなります。
給料も大抵下がりますし、休みも減ります。
より貧乏な未来しか待っていません。
転職したいと思っている、病院の事務職の方々は、考え直したほうが絶対にいいです。
私のように一生苦労して生きたいのならいいですが、たいていの人はそうではないでしょう。

万が一転職してしまった場合、医療事務の転職サイトも利用しましょう。
できるだけ最低限の給料を減らさないように次の仕事を見つけて欲しいです。


医療事務の求人もあるよ!

医事課の即戦力の近道の通信講座です

突然試験を受けてとるのはなかなか難しいものです。 きっちりサポートしてくれて、充実した資料で勉強できる通信教育は便利です。
アビバの医療事務講座

医療事務の資格の勉強をするという事は直接仕事のスキルアップに結びつきます
病院の資格は、病院の仕事と直結しているので、資格をとる勉強をすれば仕事も出来る人になれます。 もっと正しい請求がしたい先生と話すときに基礎知識を蓄えたいと言う方にも資格取得はおすすめです。

医療事務向けの本の紹介ページが出来ました

カルテから医療行為や材料を読み取り点数に置き換えていくときわからない医療用語や、術がたくさんあると思います。点数を取り漏れないためにも、本でいつでも調べられる環境が重要です。医療事務の勉強本のページはこちらから

>次医療事務の初めての計算、担当、レセプトの壁のへ