医療事務の当直で体や顔がかゆくなる私の話

病院の夜勤、当直で体がかゆい。ダニ?

医療事務は救急病院であれば昼夜問わず受付会計電話対応を行います。
私が働く病院は救急病院ではないので警備員代わりです。
ほとんどすることはないので自由です。こんな医療事務もありです。

療養型病院の医療事務の当直は衛生状態が悪い?

狭い30年ぐらい前の病院の会計に置いてあるような長いす1つで仮眠。
横幅狭いから肩が出るし、足もでまくり。

ふとんも、たま〜に(数ヶ月に一回ぐらい?)看護師がシーツ変えてくれるだけ。
結構汚いかも。見た目は綺麗に使われているけど。

最近暖かくなってきてから(もう初夏だけど)、体がかゆい。
手のアレルギー具合を見るとダニかな?

一応掃除はしてくれているし、見た目も綺麗だけど、いろんな人が当直する。
50過ぎのオッサンや、50過ぎの警備員、自分達。
長袖長ズボンなので体は守れているが、 仮眠中顔と手がかゆい・・・
顔は脂ギッシュなので守れているみたいだけど、手は守りきれず、
ちょっと皮膚が腫れてアレルギー症状がでている。

今回の夜勤で手が4箇所ぐらい ダニにかまれたような赤い腫れ
蚊みたいにかゆくないし膨らまないアレルギー症状。
気持ち悪いなぁ…
アルコールスプレーが必要だ。

療養型病院の医療事務は仕事のやりかたが下手

救急病院からほぼ左遷されて暇な病院で働いているので夜勤中はほぼやることがない。

同僚の仕事を手伝おうにも、机めちゃくちゃで、新入院がどれだかわからないし、入院伝票もめちゃくちゃ。
誰も手伝えない状態にされている。
請求ミス、請求漏れも酷い。管理できない人にやらすから当たり前だ。
早く辞めてくれ。

だから無理に仕事をしなくてもいいのですごい楽。

救急病院のように自分の命を削らなくていいのでよい。
はやく私の職場も救急病院になってほしい。予定はあるらしい。
医療に携わらない医療事務でさえ、救急はやりがいが全然違いますからね。


医療事務の求人もあるよ!

医事課の即戦力の近道の通信講座です

突然試験を受けてとるのはなかなか難しいものです。 きっちりサポートしてくれて、充実した資料で勉強できる通信教育は便利です。
アビバの医療事務講座

医療事務の資格の勉強をするという事は直接仕事のスキルアップに結びつきます
病院の資格は、病院の仕事と直結しているので、資格をとる勉強をすれば仕事も出来る人になれます。 もっと正しい請求がしたい先生と話すときに基礎知識を蓄えたいと言う方にも資格取得はおすすめです。

医療事務向けの本の紹介ページが出来ました

カルテから医療行為や材料を読み取り点数に置き換えていくときわからない医療用語や、術がたくさんあると思います。点数を取り漏れないためにも、本でいつでも調べられる環境が重要です。医療事務の勉強本のページはこちらから

>次労災担当になりました。労災とは?のへ