医療事務の求人の見つけ方

何事も準備。血眼になって探す必要は無い

病院は地域に支えられて、支えて立っています。
病院は、建っている地域の人が困って、病気になって頼るから維持できるのです。
ですから求人は地元の新聞折り込みチラシなどに求人を載せることもあります

医療事務は人手が足りなくなれば人を雇います
医療事務は未経験でできると書きました。
つまり、医療事務は誰でも出来る仕事なので、普通の能力を持った人であれば誰でもいいのです。
その求人を見つけて病院と出会う必要があることが転職に重要なのですね。

病院は不定期に人が足りなくなります。新しい施設基準を実施するための資格取得者の求人であったり、女性が多い職場なので結婚退職もあるし、退職もあるので、そうした穴埋めの転職もあります。

新聞の求人広告も見逃さないようにしましょう

私は新聞の広告で今の医療事務の職場を見つけました。地域に密着した病院では、病院の近くに住んでいる人を雇う傾向があります。
地元の人を雇えば、地元の人への評価も上がるし、優しく接してくれる確立も高いですからね。
地元で働いて、患者を無下に扱い人はいないでしょう。
求人を見つけることから始めましょう。

病院の公式ページの求人広告をチェック

求人にのっていなくても電話してみるのもいいかもしれません。
どうしてもこの病院で働きたいと言うのならば行動しない手はありません。
上記で書いたとおり、病院は突然人手不足になることが多々あるので、してはいけないと言うことではありません。

ネットで医療事務にエントリー

なかなか機会が見つからなければ、ネットで探すと言う方法があります。
以下で何点かご紹介させていただきます。
ネットでは、新規病院やクリニックの医療事務なども募集がありますよ。

カイゴジョブで探す

未経験でもOK!カイゴジョブでは医療事務の求人も多数掲載されています。

ハタライクで探す

はたらいくを使うという転職サイトを方法もあります。出来ればまず会員登録する。 地域エリアを選び、職種から探すの、医療・介護・福祉を選択すると医療事務の求人が出てきます。 いろいろ出てくるので自分の必要な情報を吟味して選び、応募します。


医療事務の求人もあるよ!

医事課の即戦力の近道は1日1個覚えること

医療事務の仕事ができるようになる近道は、1日1個覚えることです。

医療事務に転職してつまづく点は、医療という職種な業務内容、仕事のガラパゴス的内容です。医療という職種に未経験で転職したならば、採血の1項目でさえもなにかわからないでしょう。例えば、CRP一つすら何を示す値かもわかないでしょう。最初は受付からスタートすると思います。毎日受付ばかりでしょうもない、面白くない、しんどい・・・それでいいんです。カルテや検査結果も読めないような人は何やっても何もできません。それよりか覚えることが大事です。みんな医療の国家資格を持っている人は専門学校、大学でそれを学んでから仕事をするわけですから、あなたは数周遅れ、数万週遅れなんです

診療点数早見表 2020年4月版: [医科]2020年4月現在の診療報酬点数表 (2020年4月版)

新品価格
¥4,950から
(2020/8/5 14:19時点)

そこでお勧めな勉強法は1日1個わかないことがあればそれを調べて覚えるというものです。まずCRPからでいいでしょう、次はなんでこんな病名がついているんだろう、難病って何?から始まっても構いません。一日ひとつづつの積み上げです。それができる姿勢が即戦力の近道といえるでしょう。私はそうして、未経験で医療事務に転職し27歳で今40歳で平社員ですが、病院の電子請求、総括などすべて任されています。職場の人はみんな、他部署でさえわからないことがあれば私に聞きます。それでいいんです。課長とはいわずせめて係長にしてほしいと思っています。

医療事務向けの本の紹介ページが出来ました

カルテから医療行為や材料を読み取り点数に置き換えていくときわからない医療用語や、術がたくさんあると思います。点数を取り漏れないためにも、本でいつでも調べられる環境が重要です。医療事務の勉強本のページはこちらから

医療事務求人は上にいっぱいのってます。新規登録し医療事務で検索!

>次未経験の志望動機について考えて見ましょうのへ