イジメや嫌がらせで離職率の高い病院に転職

病院の中には赤字病院もあります

私は最近、1日外来患者10人以下の療養型病院に転勤しました。
ずばりこの病院はイジメや嫌がらせで非常に離職率の高い所です。 1年で5人ぐらいが退職か転勤になります。 事務員は全部で6人です。その内医事は3人。
入れ替わりが激しい病院へ私を転勤させたのは私を辞めさせたいのでしょうか。

この2〜5人ぐらいでタッグで新人に対し文句や陰口、罵倒を繰り返すため離職率が高いと言うのはたぶん30年前ぐらいから繰り返されていることのようです。
そろそろトップ達を辞めさせないと、あと何年これを繰り返すのかと言う印象です。
ここの職場で私は正直あまり仕事はありません。

赤字病院は人間関係が崩壊している所が多い

事務員は3名。うち2名は入院レセをするため、どうしても1人が雑用係になるのです。
担当はもちろん新人です。それが苦痛で退職が後を絶たないという職場です。

どうしてもと言うかそれが必然、1人を外来の雑用係に選任させることによって、離職率が高く、使い捨てにしている病院であり、辞めるとすぐに 系列の病院から応援を呼ぶ、そもそも人が足らないから新人を採用するのにすぐ使えないといって嫌がらせして辞めさせる。
パワハラが20年30年と続いてきたと言うすごい歴史のある赤字病院なのですからね。なぜ赤字なのか、そういう疑問さえ働いている人たちには無い、給料をもらっているのにあり得ないのですが、実はそうした病院もあります。

古い悪い慣習の病院の特徴を書くとすれば

●平均年齢も高く、人間関係が難しい。
●化石のような人間も多い。
●電子カルテやオーダリングは導入されておらず、
●ローテク、すべて伝票
●化石が仕事をするから数十年業務ルールが変わっていない

というわけで退職する人が後を立たず。
1人での医事の雑用はこんなに小さな病院なのに総合力が求められるため、入社した人が続かない。

小さい病院ほど実は求められるスキルが高い

だから出来ない人をイジメて辞めさせて出来る人がほしいという内情もあるかもしれませんが、人を育てない上司達が、はじめから出来る人がほしいというのは間違っているということに気づいていない。

保険の外来負担や、入院の保険の窓口負担の説明、レセの出方をある程度知っておかなければならないし、全部窓口を1人でやるので外来患者と入院患者がかぶったり、邪魔な業者が割り込んできたり、一番面倒なのが職員受診ですね。
患者が来ると紙カルテを探さ無ければならず、薬は手入力、院外処方箋は前回DOできないので毎回手入力。これを安月給でほぼ未経験の社会人を雇って数日で覚えさせるというのはほぼ不可能です。

病院というのは事務員が奴隷のカースト制度という所もある

イジメや嫌がらせで離職率の高い病院に転勤になったわけですが、病院と言うのは、カースト制度になっていて医事課などの事務が病院で一番身分が低いわけです。
そうしたアオリを受けて、事務の上司たちは非常に卑屈な人が多い病院もあります。
病院の転職、募集が繰り返される病院、雰囲気を先に知ることも難しいですが、こうした勤務環境もあるということですね。周りを知り、自分の環境を受け入れるのか、それとも受け入れられないのかというのも末端で働く人が考えるべきことです。


医療事務の求人もあるよ!

医事課の即戦力の近道の通信講座です

突然試験を受けてとるのはなかなか難しいものです。 きっちりサポートしてくれて、充実した資料で勉強できる通信教育は便利です。
アビバの医療事務講座

医療事務の資格の勉強をするという事は直接仕事のスキルアップに結びつきます
病院の資格は、病院の仕事と直結しているので、資格をとる勉強をすれば仕事も出来る人になれます。 もっと正しい請求がしたい先生と話すときに基礎知識を蓄えたいと言う方にも資格取得はおすすめです。

医療事務向けの本の紹介ページが出来ました

カルテから医療行為や材料を読み取り点数に置き換えていくときわからない医療用語や、術がたくさんあると思います。点数を取り漏れないためにも、本でいつでも調べられる環境が重要です。医療事務の勉強本のページはこちらから

>次医療事務の勉強の仕方のへ