診療情報管理士の資格を取る

診療情報管理士の資格

医師や看護師が記入したカルテや検査結果を管理、分析し、診療情報のデータベース作成、分析する専門の仕事です。
疾病分類、、コーティング、がん登録など、病院の国への報告業務などもになう重要な仕事です。

診療情報管理士の資格を持つ利点

専門学校に非常に有利な資格で、働いてからとるのは難しいです。
ですから、医療事務を志す人が目指す資格といえるでしょう。専門学校に通わないと、2年で約20万円以上の通信教育を受ける必要があります。
日本病院会の資格で、この診療情報管理士は病院の施設基準に盛り込まれており、雇用する病院が増えています。

資格取得のための費用

診療情報管理士の認定試験の受験資格の条件があります。
1.日本病院会が行う「診療情報管理通信教育」を受講した者
2.診療情報管理士受験指定校で所定のカリキュラムを修了した者
上記を終了したものでなければ試験を受けることが出来ません。

診療情報管理士通信教育授業料:2年間200,000円

通信教育を受講するためにも、2年制以上の短期大学または専門学校以上の学歴が必要という決まりがあります。
ですから費用も20万30万以上かかることもあります。転職のために取得するのではなく、医療事務を目指す高校生が、専門学校や大学を目指すため、もしくは仕事でやむをえなくとると言うことになります。

資格取得するのであれば専門学校をお勧めします。


医療事務の求人もあるよ!

医事課の即戦力の近道の通信講座です

突然試験を受けてとるのはなかなか難しいものです。 きっちりサポートしてくれて、充実した資料で勉強できる通信教育は便利です。
アビバの医療事務講座

医療事務の資格の勉強をするという事は直接仕事のスキルアップに結びつきます
病院の資格は、病院の仕事と直結しているので、資格をとる勉強をすれば仕事も出来る人になれます。 もっと正しい請求がしたい先生と話すときに基礎知識を蓄えたいと言う方にも資格取得はおすすめです。

医療事務向けの本の紹介ページが出来ました

カルテから医療行為や材料を読み取り点数に置き換えていくときわからない医療用語や、術がたくさんあると思います。点数を取り漏れないためにも、本でいつでも調べられる環境が重要です。医療事務の勉強本のページはこちらから

>次tugiのへ