開院したばかりの病院の事務は得

開院したばかりの病院の事務は得!

同僚は開院したばかりの病院で働いています。
開院したばかりの病院で一番得なことは、通常では覚える、教えてもらうまでに何年もかかる専門業務が入ってすぐに任されることです。
通常は職員がいっぱいいるので、自分より前に入職した人が行っている業務はなかなか教えてもらえず引継ぎの時にやっと教えてもらえるということです。
できたばっかりの新病院だと人がたらないのですごく早い時期に専門の仕事ができ、知識も増えるのですごいスピードで病院での医療事務の知識が身につきます。
職員とも同期が多いので仲良くなる事が簡単だし、非常にお勧めな環境だといえます。

雑用業務も意味を知れば雑用じゃなくなる

病院によっては医療事務がビラ配り、チラシ配りも行います。
病院では広告活動はできないので、リハビリの講師や糖尿病専門の先生などが病院で講演を行うときに周辺の地域や家に配るものです。その他にも地域の介護センターから病院に通う人の送り迎えや、訪問診療のため先生と看護婦さんを車で送ったりなども行います。介護センター入所の方にも病気の方は病院に来てもらい質のいい診療を提供します。

地域に密着していない状態だと毎日の患者の数が非常に少ない状態です。患者さんに安心して病院に来てもらうため、選んでいただくためにも周辺地域への心遣いを忘れてはいけないということです。

医事課の役職になると周辺の地域のクリニック(医院)への挨拶回りも行います。
医院などで対応が難しい患者さんなどを施設の整っている総合病院へ搬送してもらうためにクリニックの先生との顔合わせや看護婦さんに電話番号やFAX、地図を渡すなどして連携心を高めてもらいます。

総合病院がやっていくには患者様だけでなく周辺の地域の助けも必要です。ビラ配りや受付などは若い人にとってはやりがいのないもの、将来性のない仕事と思ってしまうのは当たり前だと思わなければいけません。
若い人にやりがいのないことにやりがいを持たせる、将来性のないと思うような仕事にも将来への糸口を見つけさせることも上司の仕事です。仕事ができないといって辞めさせてしまうようでは人間失格です。歩はいずれ金になるという精神で対応しなければなりません。

病院によっては辞める人が多い職場も・・・

裏腹に、新規病院では辞めてしまう事務員や看護師が多い事もあります。
新規病院で他の病院から着た職員などが変な人だったり、仕事を教えない人だったりする場合です。病院という組織は下から上を変えることはできません。こういった場合は残念ながら早く見切りをつけて辞めるしか方法はないです。

他病院から来た人たち(新規病院を支えている職員)は重責を背負って新しい病院で働いています。それがゆえに新しい人が入ってもいじめてストレスを発散するという思考の人もいるのかもしれません。


医療事務の求人もあるよ!

医事課の即戦力の近道の通信講座です

突然試験を受けてとるのはなかなか難しいものです。 きっちりサポートしてくれて、充実した資料で勉強できる通信教育は便利です。
アビバの医療事務講座

医療事務の資格の勉強をするという事は直接仕事のスキルアップに結びつきます
病院の資格は、病院の仕事と直結しているので、資格をとる勉強をすれば仕事も出来る人になれます。 もっと正しい請求がしたい先生と話すときに基礎知識を蓄えたいと言う方にも資格取得はおすすめです。

医療事務向けの本の紹介ページが出来ました

カルテから医療行為や材料を読み取り点数に置き換えていくときわからない医療用語や、術がたくさんあると思います。点数を取り漏れないためにも、本でいつでも調べられる環境が重要です。医療事務の勉強本のページはこちらから

>次医療事務で欠かせないもの・知識のへ