医療事務を辞める理由は人間関係、やりがいのない雑用

医療事務を辞める理由

病院って、企業と違い売り上げノルマもなければ、違法な残業もないですし、給料と退職金は少ないにしろ非常に安定しています。
ですが、なぜ辞めてしまう人がいるのか。
病院を辞める理由の1番が人間関係、2番がやりがいのない雑用ばかりさせられる事。

人間関係

いじめや、グループとかがあったり、
失敗を過剰に追及されたり、噂を流されたりなど、
女性が多い職場というのもあり、人間関係は難しいです。
さらに、事務で働く男性も執拗な嫌がらせをするような人も多くいます。
なんといっても、1人のノルマもないし、売り上げに希薄なのが、より人間関係を軽視する職場でもあります。

やりがいのない雑用

病院は仕事が重要になればなるほど、役職が上の仕事をし、重要でない、しんどい仕事は下っ端がやります。

実は病院というのは、受付会計をしているのは医療事務の下っ端ばかりなんです。
そうして業務のピラミッドを作っているわけですが、新人、転職すると、毎日雑用をさせられるため、将来が見えなくなったり疲弊してしまいます。

病院で長く働く為には、技術も必要ですが、
事務員は国家資格がいらないため、技術よりも人間関係が大切です
ですが、腐った人も多く、みんなと仲良くするのは不可能です。

対応策は仲良しグループに属すること

ですから、特定の仲のよい友達、いわばグループに参加するしかありません。
仲良しグループがあるから職場で人間関係の亀裂が走ったりするんですが、これは精神的な防衛に非常に役立ちます。
同年代で話すと辛さが分散されます。
上司に仲がいい人がいれば、他部署であれ助けてくれる事も。

私はコミュニケーションが苦手ですが、そんなことはなく積極的に、看護師、ヘルパー、医師と話せば、だれか気が合う人できるかもしれません。
実際私の職場で仲の良い人の中には、医師やデイサービスのヘルパー、看護師など多種多様です。

よく、変な日本語を話す看護師やヘルパーなどがいるんですが、辛く当るケースをよく見ます。言葉遣いが悪いのは性格によるものではないケースが多いので、言葉遣いが悪くてもその人の根が悪い人じゃないときもあります。話してみないとわかりません。意地悪な人はもっと意地悪ですから、勘違いしないようにしないといけないです。


医療事務の求人もあるよ!

医事課の即戦力の近道の通信講座です

突然試験を受けてとるのはなかなか難しいものです。 きっちりサポートしてくれて、充実した資料で勉強できる通信教育は便利です。
アビバの医療事務講座

医療事務の資格の勉強をするという事は直接仕事のスキルアップに結びつきます
病院の資格は、病院の仕事と直結しているので、資格をとる勉強をすれば仕事も出来る人になれます。 もっと正しい請求がしたい先生と話すときに基礎知識を蓄えたいと言う方にも資格取得はおすすめです。

医療事務向けの本の紹介ページが出来ました

カルテから医療行為や材料を読み取り点数に置き換えていくときわからない医療用語や、術がたくさんあると思います。点数を取り漏れないためにも、本でいつでも調べられる環境が重要です。医療事務の勉強本のページはこちらから

>次私が医療事務に転職した理由のへ