救急隊からの電話、ホットラインを医療事務が出る

救急隊からの電話を医療事務が出る

転職して初めてホットラインの電話に出たときは専門用語でびっくりしました。
医療用語がわからない。
ただの電話交換だ、言われたことを医者に伝えればいいだけと教わったが、全然違うじゃん。
瞳孔がドン!」ってどこの漫才師のギャグかと思いましたよ。

救急隊の電話の内容をメモして医者や看護師に伝えるだけと思いきや…

医者も看護師も思い思いのことをそれぞれ好き放題言ってくる
愚痴だったり言いたいことや日ごろの不満など。
なぜそんなことわからないのって知らんがな。
その言葉は全て直接「患者」や「救急隊」など外部に言えないことばかり。
医療従事者っていうのは文句を言わないと働けない。
まあストレスがたまってるって言うことだな。

救急隊とのやりとりも含めて(ホットライン)、入院の病棟を決めるだとか外部とのやりとりは全て医療事務が行う。
忖度で事務が電話で診察を断ることもある

救急隊とのやりとりを事務がする病院というのは珍しい。
事前情報、患者背景、既往歴、感染症など知識が必要。
総務の人は知識はいらないというが、実は結構難しい。
インフルエンザ診断済みならそれを医者に伝えないといけない。(その他感染症もね)

既往歴、患者の背景を伝えないと、蓋を開けたら行路扱いのような人だったって言うことも有る。
医者はション便臭いやつだな〜と言って受け入れた救急はやっぱり行路だったとか。

看護師から医療事務への悪口は結構多い

インフルエンザの持ち込み入院できないのになぜ受けたの?とか。
医療事務は医者じゃない、直接医者に言えないんだな。
そんなこと、わかってて救急車を受け入れているのに。

病院看護師よりも施設看護師の方がレベルが低い

その癖、関連施設の訪問看護師などの電話は本当にレベルが低い。
主訴だけを言って救急車呼びますとか話にならない。
救急車はタクシー代わりではない、緊急性は既往歴は?バイタルは?
施設はそんなことを言えない看護師ってどうなのレベル。

この全てのやりとりを医療従事者がやらず、医療事務がする病院で働いています。

まあ知識・経験はつくけど、この医学的判断を36歳手取り20万(当直月4回含む)の無資格事務がする。
そういう事務に頼らないと、あふれるストレスと暴言のためコミュニケーションすら取れない。
国家資格取得者達ってどうなんだろうなと考えさせられる。

給料安すぎるわ。


医療事務の求人もあるよ!

医事課の即戦力の近道の通信講座です

突然試験を受けてとるのはなかなか難しいものです。 きっちりサポートしてくれて、充実した資料で勉強できる通信教育は便利です。


医療事務の資格の勉強をするという事は直接仕事のスキルアップに結びつきます
病院の資格は、病院の仕事と直結しているので、資格をとる勉強をすれば仕事も出来る人になれます。 もっと正しい請求がしたい先生と話すときに基礎知識を蓄えたいと言う方にも資格取得はおすすめです。

医療事務向けの本の紹介ページが出来ました

カルテから医療行為や材料を読み取り点数に置き換えていくときわからない医療用語や、術がたくさんあると思います。点数を取り漏れないためにも、本でいつでも調べられる環境が重要です。医療事務の勉強本のページはこちらから

↑新規登録し医療事務で検索!

>次医者と相談すると一瞬で解決するのへ