ハローワークで医療事務を探すと給料の安い求人しかない

ハローワークで医療事務で給料の高い順に受ける

とはいえ、私が今就職している病院を探してくれたのはハローワークでした。
ハローワークで医療事務を探すと、給料の安い求人しか出てきません。

ハローワークの探し方は給料の高い順!

ハローワークでの医療事務の探し方は、直接出向き、担当者に医療事務だけで探してます!と言うことだ。
リストアップしてくれる。
そこでハローワーク担当者に給料の高い順にしてもらう。

私の場合は、給料が1番高い求人は書類選考で落ちる。
給料が2番目に高い求人で、書類選考に受かり、筆記試験と面接に受かり、就職したのでした。
(前職を退職を決めたときに嫁に連れていかれた)

ハローワークがいい職場とは限らない

万年、24時間365日募集をしている病院はろくな職場ではない。
私が働く病院も、24時間オープンというか、ずっと求人が出続けている職場だ。
退職率が半端ない。
入っては辞めの繰り返し。
そういう職場で残る人材になると、入ってくる人はすぐ辞めるので仕事を任せられず業務量は多大なものになる

入職時は、年間休日120日、残業は月20時間ぐらいと言われた。
まったくの嘘だ。
うちは残業時間120時間を超えている。
残業代は削られるから満額はでないし、新人が入職し、当直を2人で入ると当直代が半分に削られる。
休みは半分にされ、その半日の仕事も昼には帰れず夜まで。
年間休日は60日ぐらいだ。

ハローワークで就職すると書いてあることと全然違うこともある

私が一番良かったのは、新聞の広告で転職した病院だ。
人生何が起こるかわからない。
魔がさして転職してしまうかもしれない。
そういったときに利用する一番の方法はハローワークだ。

病院というのは、国家資格取得者の仕事
事務は誰でもいい。奴隷のようなもの。
だが雇い主は安い給料で高い能力者を求め続けている。
そんな人いないのに。だからこそ退職率が上がる。
退職率が高い職場は、席が空くのが速いので転職しやすいというわけだ

私のホームページ「医療事務になろう」では、医療事務に正社員で転職するホームページだ。要は正社員に慣れればいい話だ。離職率が高い病院だろうと正社員になれば勝ちだ。頑張って残る人材になればいい。
結局のところ、正社員で働けるのであれば文句は言わないことだ。
文句を言うと医療事務でははたらけなくなる。
それが最近私がたどり着いた結論。


医療事務の求人もあるよ!

医事課の即戦力の近道の通信講座です

突然試験を受けてとるのはなかなか難しいものです。 きっちりサポートしてくれて、充実した資料で勉強できる通信教育は便利です。
アビバの医療事務講座

医療事務の資格の勉強をするという事は直接仕事のスキルアップに結びつきます
病院の資格は、病院の仕事と直結しているので、資格をとる勉強をすれば仕事も出来る人になれます。 もっと正しい請求がしたい先生と話すときに基礎知識を蓄えたいと言う方にも資格取得はおすすめです。

医療事務向けの本の紹介ページが出来ました

カルテから医療行為や材料を読み取り点数に置き換えていくときわからない医療用語や、術がたくさんあると思います。点数を取り漏れないためにも、本でいつでも調べられる環境が重要です。医療事務の勉強本のページはこちらから

>次医療事務になろう!トップページへもどるのへ