就職に有利なのは救急病院や医療法人の病院

実際に面接を受ける病院選びについて

医療事務の仕事は、病院と医院とあります。
病院が入院などの設備が整っているところで医院はドクター1人などが行っている小さい診療所のことです。私は救急病院に転職しました。

救急病院は忙しくて当直もあり、厳しいため転職には有利

救急病院の事務は仕事が忙しく、勤務時間も長いので人の入れ替わりが多いです。 それだけに転職には有利だと思います。新卒を雇っていますが離職率が高く、はじめから最低限の礼節やビジネスマナーを持った人なら簡単に入れる確立が高いです。やはり未経験の人に比べ面接も有利に運びます。

クリニックなどの診療所は若い女性が人気

診療所の医療事務は女性で若い人が雇われやすい傾向があります。
なぜなら、医院では院長独自のやり方や考え方で業務を行うので、ほかの病院で力を培ってきた人は院長とは違う仕事のやり方をするので逆に足手まといに思われたり、医院の仕事のやり方を壊すという認識の先生や業者も若干いるからです。
男性はまず受からないものと考えてください。

就職に有利なのは救急病院や医療法人の病院です

救急病院や大抵の医療法人の病院の事務には男性が半数を占めます。
ですので医療事務には男性も女性もどちらでも就職が可能です。なぜなら救急病院では深夜も診療を行っており、当直と呼ぶ深夜、早朝の業務もあるからです。

看護士さんの場合は、女性でも深夜・早朝など仕事がありますが、医事課の場合は、夜中の何時でも患者の搬送や送り迎えなどにも対応でき、病院のトラブル、患者が暴れたりした場合の対応、万が一の男手(ガードマンの代わり)としても業務を行う必要があるからです。


医療事務の求人もあるよ!

医事課の即戦力の近道は1日1個覚えること

医療事務の仕事ができるようになる近道は、1日1個覚えることです。

医療事務に転職してつまづく点は、医療という職種な業務内容、仕事のガラパゴス的内容です。医療という職種に未経験で転職したならば、採血の1項目でさえもなにかわからないでしょう。例えば、CRP一つすら何を示す値かもわかないでしょう。最初は受付からスタートすると思います。毎日受付ばかりでしょうもない、面白くない、しんどい・・・それでいいんです。カルテや検査結果も読めないような人は何やっても何もできません。それよりか覚えることが大事です。みんな医療の国家資格を持っている人は専門学校、大学でそれを学んでから仕事をするわけですから、あなたは数周遅れ、数万週遅れなんです

診療点数早見表 2020年4月版: [医科]2020年4月現在の診療報酬点数表 (2020年4月版)

新品価格
¥4,950から
(2020/8/5 14:19時点)

そこでお勧めな勉強法は1日1個わかないことがあればそれを調べて覚えるというものです。まずCRPからでいいでしょう、次はなんでこんな病名がついているんだろう、難病って何?から始まっても構いません。一日ひとつづつの積み上げです。それができる姿勢が即戦力の近道といえるでしょう。私はそうして、未経験で医療事務に転職し27歳で今40歳で平社員ですが、病院の電子請求、総括などすべて任されています。職場の人はみんな、他部署でさえわからないことがあれば私に聞きます。それでいいんです。課長とはいわずせめて係長にしてほしいと思っています。

医療事務向けの本の紹介ページが出来ました

カルテから医療行為や材料を読み取り点数に置き換えていくときわからない医療用語や、術がたくさんあると思います。点数を取り漏れないためにも、本でいつでも調べられる環境が重要です。医療事務の勉強本のページはこちらから

医療事務求人は上にいっぱいのってます。新規登録し医療事務で検索!

>次医療事務の面接の受かり方のへ